気温ではなく晴れの日が多い地域が有利

太陽光発電は当たり前のことですが太陽の光を利用することによって電気を作ります。
このことから南の地方へ行けば行くほど発電量が多くなると考えてしまいますが決してそういうワケではないのです。 これからの日本、いや世界というのは原発に依存をしない再生可能エネルギーを利用した電力が必要となります。
地球環境、そして個人での社会貢献などを考えた時、太陽光発電が最も効果的となるのです。暑過ぎる地域はあまり良いことではなく、実際は北海道と沖縄で発電量に大差は無いのです。
つまり極端に暑ければ太陽光発電の効果がアップするという問題でもないワケです。

 

日本の場合ですと、太陽光発電を設置するのにちょうど適した場所が静岡県や愛知県と言われています。
安定的に温かいエリアであり、晴れが多い地域ということで発電量が多くなっているのです。



気温ではなく晴れの日が多い地域が有利ブログ:18/9/22

お子さんの肉体は大人よりも
エネルギーの消費量が多いので、
食べる事の際にしっかりと穀物を摂取していないと…

次の食べる事が来るはるか前にウエストが空いてしまい、
間食を食べるようになってしまう。

あさ食後の午前10時頃や、午後食後の午後3時頃は、
お子さんにとっては丁度、炭水化物の消化吸収が終わった辺りであり、
蛋白質や脂肪の消化吸収が始まる頃である。

その時に血糖値が下がるためにウエストが空いてしまい、
それでおやつを欲しがるということにつながる。

お子さんにおやつを食べさせる場合、
ごく少量なら別に構わないのだが、
量が多くなってしまうと、
食べる事の時間になっても血糖値が下がらないので、
ウエストが空かなくなってしまう…

そのため正規の食べる事を少ししか食べなかったり、
好き嫌いを言い出してしまう。
そうなると、栄養バランスは完璧に崩れるのである。

間食を抑止するためには、
なんといっても食べる事をしっかりと取らせることが重要!

無精白穀物を食べさせていると、
腹持ちがいいので、次の食べる事まで血糖値を維持できる。

そうすればおやつを食べたい気持ちが起きないので、
おやつ抜きでもお子さんは全然平気である。

しかし精白穀物を食べてしまうと、
血糖値が急激に上昇する代わりに、血糖値が急激に降下するので、
食べる事をしっかり食べたのに、
おやつを欲しがるようになってしまう…

精白穀物を食べている家族に限って、
その家のお子さんたちはおやつが大好きなことが多いが、
それは精白穀物が引き起こす
「血糖値のジェットコースター」に
はまっているからなのである。