国が実施している太陽光発電の普及支援

太陽光発電を全国的に普及させるという政策から現在では固定価格買取制度が打ち出されています。
これから先、風力発電などといったエネルギーも全量買取制度が実施されることも十分にあります。 自然再生エネルギーと言えば太陽光発電が話題となっており、続々と太陽光発電の導入が行われています。
一般家庭で太陽光発電を設置することできっと大きなメリットを得ることが出来ることでしょう。2010年度に導入された補助金制度の内容を確認してみますと、補助金額がシステム1kw当たり7万円となったことです。
そして太陽光発電システムの価格というのが1kw当たり65万円と一昔前と比較をすると大きく変わってきたのです。

 

太陽光発電の設置価格に関しては1kw当たり70万円となっていますが、この点は注意をするようにしてください。
機種や導入規模によりましては、定められた65万円以内に納めることが正直難しくなってしまう場合もあるのです。

ケータリングへ
http://banquetajin.net
ケータリングはこちら



国が実施している太陽光発電の普及支援ブログ:17/11/06

ある日会社で見せられた禁煙ビデオで、
わたしは少なからずショックを受けた。

そこにはタバコを吸っている者と、
そうでない者の肺の中が大写しにされていた。
当時、わたしは1日に一箱吸う喫煙者であった。

タバコを吸っていない者の肺はきれいな色をしていたが、
吸っている者の肺は黒いタールがびっしりへばりついていた。

それを見たわたしは
「自分の肺もあんなになっているのか」と思うと、
ぞっとした。

数年前から家内にはタバコをやめるよう、
しつこく言われているのにもかかわらず
無視して吸い続けていた。

肺がんで苦しんでいる人の映像まで見せられて、
わたしはついにタバコをやめようと決心をした。

しかし、一気にやめることはできなかった。
そこで徐々に1日の本数を減らしていくことにした。

最初は5本減らし、1日15本にした。
これはなんとかいけた。

半月後には10本にした。
このあたりからかなり苦しくなってきた。
ガムでくちをまぎらわしながら耐えた。

一ヶ月後には1日5本にした。
ここからは本当に苦しいニコチンとの闘いであった。

1日5本が8本になることもあった。
つらい一進一退が続く…
そのとき、わたしはこの剣が峰を乗り越えるには、
あのビデオの力をもう一度借りねばと思った。

会社からビデオを借りてきて再び見た。
ニコチンに負けそうになっていたわたしに、
それは喝を入れてくれた。
ついにわたしは二ヶ月後に禁煙に成功した。

これをきっかけに、
近くに住んでいるむすめ夫婦にも禁煙をさせようと思った。

娘夫婦にも例のビデオを見せた。
ビデオを見終わると、
2人とも少しショックを受けた表情をしていた。

むすめ夫婦もタバコと縁を切ることができた。